CentOS7にsambaを構築

CentOS7にWindowsから利用できる共有フォルダを作ります。Windowsに共有フォルダを作成できますが、常時稼働していないパソコンに共有フォルダを作成するのは現実的ではありませんよね。

CentOS7を使い、常時稼働サーバーにsambaを構築して共有フォルダとして使えると何かと便利なのでsambaでファイルサーバーを構築してみましょう。

Raspberry Pi3BにCentOSをインストール・初期設定はこちらを参考にしてください。

Raspbrry Pi3BにCentOS7をインストールしてログインまで

Raspbrry Pi3BにCentOS7をインストール後の初期設定(1)

CentOS7がインストールされている状態から進めていきます。

CentOS7のアップデートをしておきましょう。

[root@fserver ~]# yum -y update

SELinuxは有効でも大丈夫

sambaをインストールする前にSELinuxについて確認しておきます。SElinuxを無効にしておくと簡単ですけど、有効のまま構築しても設定をしてあげれば大丈夫です。

SELinuxを無効にする

SELinuxを無効にしておくとスムーズにいくので無効にする手順から説明します。
getenforceで現在の設定を確認します。Enforcingと表示されれば有効になっています。

[root@fserver ~]# getenforce 
Enforcing

setenforce 0でOFFになりSELinuxが無効になります。
setenforce 1でONになりSELinuxが有効になります。

[root@fserver ~]# setenforce 0

再起動しても無効になるように設定ファイルを書き換えます。
7行目のSELinux=enforcingを無効化してdisabledに書き換えます。

[root@fserver ~]# nano /etc/sysconfig/selinux 
# This file controls the state of SELinux on the system. 
# SELINUX= can take one of these three values: 
#        enforcing - SELinux security policy is enforced. 
#        permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing. 
#        disabled - No SELinux policy is loaded. 
#SELINUX=enforcing 
SELINUX=disabled

SELinuxが有効のまま設定をする

SELinuxが有効のままの場合はhomeディレクトリにアクセスできるようにSELinuxの設定を変更します。

[root@fserver ~]# setsebool -P samba_enable_home_dirs on 

SELinuxの設定ができたらsambaのインストールをします。

sambaのインストール・設定

# sambaをインストール

[root@fserver ~]# yum -y install samba

sambaユーザー作成とsambaユーザーへ登録

# samba接続用ユーザーをsambatk作成

[root@fserver ~]# useradd sambatk 

# pdbeditコマンドを使いSambaユーザーとして登録

パスワードを聞かれるので任意にパスワードを入力

入力したパスワードは表示されません。

このsambaユーザーとPASSWORDは共有フォルダの接続時に必要になるので忘れないようにします。

[root@fserver ~]# pdbedit -a sambatk 
new password: 
retype new password: 
Unix username:               sambatk 
NT username: 
Account Flags:                 [U       ] 
User SID:                         S-1-5-21-1159859293-3106081728-367980058-1000 
Primary Group SID:         S-1-5-21-1159859293-3106081728-367980058-513 
Full Name: 
Home Directory:             \localhost\sambatk 
HomeDir Drive: 
Logon Script: 
Profile Path:                    \localhost\sambatk\profile 
Domain:                          LOCALHOST 
Account desc: 
Workstations: 
Munged dial: 
Logon time:                    0 
Logoff time:                   木, 07 2月 2036 00:06:39 JST 
Kickoff time:                  木, 07 2月 2036 00:06:39 JST 
Password last set:          火, 09 6月 2020 16:47:21 JST 
Password can change:   火, 09 6月 2020 16:47:21 JST 
Password must change: never 
Last bad password       : 0 
Bad password count    : 0 
Logon hours : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF 

firewalldの設定

[root@fserver ~]# firewall-cmd --permanent --add-service=samba 
success 
[root@fserver ~]# firewall-cmd --reload 
success

sambaの起動と自動起動設定

[root@fserver ~]# systemctl start smb.service 
[root@fserver ~]# systemctl start nmb.service 
[root@fserver ~]# systemctl enable nmb.service 
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nmb.service to /usr/lib/systemd/system/nmb.service. 
[root@fserver ~]# systemctl enable smb.service 
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/smb.service to /usr/lib/systemd/system/smb.service. 
[root@fserver ~]# systemctl is-enabled smb.service
enabled
[root@fserver ~]# systemctl is-enabled nmb.service
enabled

samba設定ファイルの編集

グローバルエリアに2項目を追加

dos charset = CP932

unix charset = UTF-8

[root@fserver ~]# nano /etc/samba/smb.conf 
# See smb.conf.example for a more detailed config file or 
# read the smb.conf manpage. 
# Run 'testparm' to verify the config is correct after 
# you modified it. 
[global] 
            workgroup = WORKGROUP 
            security = user 
            dos charset = CP932 
            unix charset = UTF-8
 
            passdb backend = tdbsam
 
            printing = cups 
            printcap name = cups 
            load printers = yes 
            cups options = raw 

# workgroup  =  WORKGROUP になってることを確認します。(※Windows側で変更していなければ初期状態でなっています。)

testparmコマンドで設定を確認

Press enter to see a dump of your service definitionsの表示のところで[Enterキー]を押します。

[root@fserver ~]# testparm 
Load smb config files from /etc/samba/smb.conf 
Loaded services file OK. 
Server role: ROLE_STANDALONE
 
Press enter to see a dump of your service definitions 
# Global parameters 
[global] 
            dos charset = CP932 
            printcap name = cups 
            security = USER 
            idmap config * : backend = tdb 
            cups options = raw 
[homes] 
            browseable = No 
            comment = Home Directories 
            inherit acls = Yes 
            read only = No 
            valid users = %S %D%w%S 
[printers] 
            browseable = No 
            comment = All Printers 
            create mask = 0600 
            path = /var/tmp 
            printable = Yes 
[print$] 
           comment = Printer Drivers 
           create mask = 0664 
           directory mask = 0775 
           force group = @printadmin 
           path = /var/lib/samba/drivers 
           write list = @printadmin root 

共有フォルダを作成

共有フォルダとしてhomeディレクトリ内にshareディレクトリを作成します。

# shareディレクトリを作成

[root@fserver ~]# mkdir -p /home/share/ 
[root@fserver ~]# chmod -R 777 /home/share 

# Sambaの設定ファイルの最下行にshareの設定を追記します。

[root@fserver ~]# nano /etc/samba/smb.conf 
[share] 
           path = /home/share 
           browsable = yes 
           printable = no 
           writable = yes 
           guest ok = yes 
           force create mode = 777 
           force directory mode = 777 

それぞれの意味は以下のようになります。

[share]Windowsから見た表示名
path = /home/shareshareディレクトリのパス
browsable = yes共有名の表示をするかしないか
printable = no印刷可能にするかの設定
writable = yes書き込み権限
guest ok = yesアクセスしてきたユーザーをゲストとして扱う
force create mode = 777ファイルのパーミッションに強制的に 777 に設定
force directory mode = 777ディレクトリのパーミッションに強制的に 777 に設定

Sambaの再起動

[root@fserver ~]# systemctl restart smb.service 
[root@fserver ~]# systemctl restart nmb.service

Windowsから共有フォルダshareを表示

エクスプローラで¥¥fserver(ご自身のサーバーのホスト名)または¥¥192.168.1.XXX(ご自身のサーバーのIPアドレス)を入力します。

IDとPASSWORDを求められたらsambaユーザー用に作成したsambatkと設定したsambatkのPASSWORDを入力します。

ユーザーsambatkと一緒にshareが作成されました。

タイトルとURLをコピーしました