2020年 秋 苺栽培開始

今年の春に家庭菜園で苺を収穫しました。初めてだったので、いろいろ勉強しながらの苺栽培でしたね。そして来年の春収穫のための苺栽培を開始しました。

今回はどんな苺が収穫できるか楽しみです。

前回の苺栽培の記録

前回の苺栽培はこちらです。去年の苺はよつぼしという品種をプランターに2株植えました。

去年のよつぼしは苺の実はたくさんできたのですが、プランターの大きさに対して2株は多かったような気がしたので・・・。苺が思ったより小さかったのです。

ナメクジたちにやられた苺もたくさんありました。(泣)

今回は品種を変えて1株を大切に育ててみようと思います。

2020年 秋 苺栽培開始

今回の苺栽培は、プランターは前回のままで土を3分の1程度入替えました。

苺の品種はアイベリーです。理由はホームセンターに行ったときに、育てやすそうなのでこれがいいかなという感じで買いました。並んでいる苺の苗を見ていると四季なりという特性の苺があったのですが四季なり苺とは何でしょう?

四季なり苺とは

四季なり苺とは簡単に言うと1年中栽培することが可能な苺で春から秋にかけて収穫できて病気にも強いようです。1年中収穫できる苺って魅力的ですよね。でも1年中ということは、栽培も大変なのではないかと思ったわけです。

今回選んだアイベリーが1季なり苺といって春に収穫する苺です。今回も一季なり苺で頑張ってみます。

苺栽培は2回目だけど、まだ素人です。育てやすい方が良いじゃないですか!

今回は1株を大切に育てます。ナメクジからも守ります。美味しく実ってください。

こんな感じで2回目の苺栽培です。収穫は来年の4月くらいかなぁ。苺は水を切らしたらいけないので、水やりと肥料を忘れずにしましょう。

寒いときの水やりは2日に1回くらいで良いかと思います

トマトが芽を出していた

今年の夏にトマトときゅうりの栽培をしました。枯れた葉をとり、しばらくそのままにしていたのですがトマトの芽が出ていました。夏の栽培でトマトの実がプランターにいっぱい落ちたのをそのままにしていたものから芽が出たようです。

トマトは冬越しは無理だそうですね。このままではダメだと思いつつ水やりをしてます。

去年のトマト栽培はこちらです。

何か被せるか、家の中に入れるかの2択になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました